初期段階で癌は防げる|国民病から身を守る術

ナース

注目の免疫療法の一種

病院

現在世界的に注目されているがん治療法「免疫療法」の一つに「樹状細胞療法」があります。樹状細胞とは体内の免疫システムで司令官の役割を果たしている免疫細胞です。体内に侵入してきた細菌やウイルス、あるいは異常に増殖しようとするがん細胞を発見すると取り込んでその目印を覚えます。その目印をリンパ球に教えることで、リンパ球が異物やがん細胞だけを攻撃します。このシステムをがん治療に応用したのが樹状細胞療法です。 免疫療法は1970年代から始まっており、初期には患者の免疫システムを全体的に底上げするという方法でした。一方樹状細胞療法は、特定のがん細胞だけを標的にするという特異的免疫療法の一種で比較的新しい治療法です。

実際の治療では、まず患者の血液を採取し、そこから樹状細胞の元になる単球と呼ばれる細胞を取り出します。単球が樹状細胞に成長する過程でがんの目印を覚えこませます。この樹状細胞を患者の体内に投与すれば目標とするがん細胞をリンパ球が攻撃するようになります。特定のがん細胞のみを攻撃させることが感染症の予防に使用するワクチンに似ていることから樹状細胞ワクチン療法とも呼ばれます。 樹状細胞療法は患者自身の細胞を利用する上、特定のがん細胞に対する攻撃力を高めるだけなので副作用が少ないというのが最大のメリットです。さらに血液を採取して強化した樹状細胞を投与するだけなので入院の必要がなく、普通の生活を送りながら治療を行うことができます。費用は病院によって異なりますが、6回前後投与する1セットで100万円から200万円です。