初期段階で癌は防げる|国民病から身を守る術

ナース

腸の炎症性疾患

腹痛の男性

油断できない出血と下痢

潰瘍性大腸炎とは大腸や直腸の粘膜が何らかの原因により炎症が起こり、ただれや潰瘍ができる病気のことです。厚生省で特定疾患に指定されている病気で、治りにくく再発しやすい病気です。そのため特異炎症性腸疾患として調査研究の対象になっています。潰瘍性大腸炎の患者さんは国内では15万人ほどで、ここ数年でおよそ五千人ほど急増しています。初期症状は便がゆるくなり血便が出るようになります。一日に数回ほど、痙攣性の腹痛で下痢をするようになり、安定する時期と強い時期を交互に繰り返すのが特徴です。男女とも30歳代から50歳くらいの年齢をピークに発症しています。正常な大腸に比べ潰瘍性の腸内は粘膜が剥げて白っぽく炎症の跡ができています。

原因不明の難病

潰瘍性大腸炎は未だに原因がはっきりとわかっていません。最近の研究では腸内細菌に対する自己免疫機能が原因と考えられます。腸内には有害な細菌に対して、攻撃をする免疫反応が働いていますが、通常腸内細菌には免疫反応は起こしません。ですが何らかの原因によって、免疫反応が活性化するとリンパ球や顆粒球が正常な仲間である腸内細菌を異物と認識して攻撃をしてしまい、その結果粘膜に炎症が起こります。免疫異常以外にも、遺伝やストレスや食生活の関与も考えられています。潰瘍性大腸炎の診断は問診が基本で、便検査や大腸検査、組織検査などを通じて、感染症や炎症、貧血との関連を調べます。治療は大きく分けて食事療法、服薬と手術になります。初期症状の場合は薬で対処できますが、症状が重い場合は炎症の起きている大腸をすべて摘出します。手術により大腸は失われるので早期治療が大切です。血便や下痢が最近、多いと感じたら出来るだけ早く消化器内科へ相談にいきましょう。